TAMINIF’s blog

京都在住のWebエンジニア。iOSアプリもやってます。勉強会にも参加してます。最近はマネージャー色強め

SpellCheckを無効にしないまま、Atomエディタの赤点線を表示しないようにする

AtomエディタでMarkdown形式の資料や文章を書いていると、英単語で赤点線が表示されることがあります。
これはAtomに標準で入っているspell-checkというプラグインによるものなのですが、赤点線を表示させない方法としてこのプラグインを無効にする方法があります。
ただ、スペルチェック自体は有効にしておきたいが、赤点線が表示される文字がある場合に赤点線を表示させない方法をご紹介いたします。

 

 プラグインに単語を登録する

spell-checkプラグインに自分が使用する単語を登録すれば、以後その単語には赤点線は表示されないようになります。

1. 設定画面を表示し、spell-checkを検索する

設定画面を表示し、左メニューからPackagesを選択します。

Packagesを表示
Packagesを表示
 
テキストボックスに`spell`と入力し、spell-checkプラグインを表示します。
spell-checkプラグインを検索
spell-checkプラグインを検索
spell-checkをクリックし、spell-checkプラグイン画面に移動します。
spell-checkプラグイン画面
spell-checkプラグイン画面

2. 単語を登録する

Known Words欄に登録したい単語を入力します。
"ato"を入力
"ato"を入力
入力前には赤点線が表示されていたものが、Known Wordsを入力することで表示されないようになります。
 

 

その他できること

・大文字小文字を区別する

登録する単語の大文字小文字を区別したい場合、単語の先頭に"!"を入れれば区別されます。

・複数単語を登録する

単語をカンマ区切りにすると、複数の単語を登録することができます。
 
ぜひ試してみてください。